デビルメイクライ4の美味しい台を発見

モンキーターン2を投資2000円でATを仕留めることができましたが、結局250枚で終わってしまい、天国のゾーンも抜けたので、他の台を打つことにしました。
ホールを見回っていると、デビルメイクライ4の美味しい台を発見することができました。

デビルメイクライ4は、ボーナス間999ゲームでART確定のスタイリッシュタイムに当選するのですが、見つけた台はボーナス間で870ゲームもハマっていたのです。
実は、デビルメイクライ4はARTに当選した場合でも、データカウンターはリセットされるのです。
PUSHボタンを長押しするとボーナス間のハマりゲーム数をチェックできるのですが、これを知らない人も結構多いので、美味しい台が落ちている時も多々見受けられるのです。

もちろん迷わずその台を打ちました。
無事に天井に到達することができましたが、案の定ARTは40ゲーム上乗せ無しで終わってしまいました。
私は、デビルメイクライ4は何度も天井に到達していますが、天井からまともに出たことは一度もないのです。
まあ、今回は投資が少なかったのでまだ良かったですが。

初めてジャックポットを引きましたが

かなり打ち込んでいるデビルメイクライ4ですが、まだジャックポットは一度も引いたことがありませんでした。
しかし、もう大半のホールで撤去となっている時期に、ようやくジャックポットを引くことができました。

さて、ジャックポットは平均で260ゲームの上乗せに期待ができます。
しかし、残念なことに上乗せゲーム数はたったの160ゲームで終わってしまいました。
もっとも、これぐらいで終わってしまうことはよくありますし、大事なのはここからでした。

ジャックポットが終わった後は、必ず超高確率状態からスタートするので、ここでレア役を引いて、ゲーム数上乗せやエクストラバトルに突入させることが大事でした。
しかし、全然レア役を引くことができず、エクストラバトルも1回しか突入しませんでした。

その後も、全く引きが噛み合わず、結局600枚程度で終わってしまいました。
初めて引いたジャックポットでこの結果は、あまりに寂しいと言えます。

ただ、これでデビルメイクライ4のプレミアフラグは、全て引いたことになります。